ひろまつ整骨院の症状別治療

首の症状について

むちうち

原因

交通事故スポーツなどの際に首が衝撃を受けてムチのようにしなることにより負傷するものでさまざまな型があります。

治療法

軽いものから重篤な症状につながるものなので放置すれば回復が遅れ、日常生活に支障もきたします。まずはアイシングで炎症の悪化を抑え、頚椎カラーなどで安静を保てるようにします。
受傷直後の対応で治癒までの期間に大きな差が出ます。

寝違い

原因

朝起きて首を動かそうとしたら痛くて動かせない、回らないなどの症状のものを言います。大部分は長時間不自然な姿勢をとったり、疲労した時などに不用意に首を捻ったりした時に起こる一過性の筋肉の炎症です。

治療法

首の筋肉が炎症を起こしている状態なのでアイシングで炎症を抑え、緊張した筋肉を緩めます。
あまり動かさずに安静にさせて下さい。

慢性的な首の痛み

原因

人の頭の重さは体重の8%ほど。個人差はありますが成人で5~7Kg程度です。その重い頭を支えているのが首であり、前かがみの姿勢や目線が下がっている時はつねに首に負担がかかっています。筋肉が過度に緊張することで血液の流れが阻害され、痛みやだるさを感じます。

治療法

首日常的には普段から首を良く動かしたりストレッチすることが重要です。

TOPへ戻る

肩の症状について

肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)

原因

肩関節は人体の中で最も大きな可動域を持つ関節です。ですが、日常生活で行う動作は各個人でほぼ決まっているため、筋肉の柔軟性や協調性に差が生まれます。これにより特定の部位に負担がかかるようになり、損傷を起こします。この損傷による痛みから肩関節を動かさないようにしているうちに関節が拘縮して(固まって)しまいます。

治療法

強い痛みが出る時期は三角巾で腕を吊るなどして安静を保ちます。
発症から時間が経過したものは、鈍い痛みを伴うようになり関節の拘縮を呈します。この場合は関節の動きの改善を目的に物理療法、運動療法を行います。

腱板損傷

原因

スポーツなどで肩を使い過ぎると腱板が摩擦をうけて痛めたり、年齢を重ねると腱自体が弱くなり、日常的な動作でも痛めたりします。
特に損傷しやすいのは棘上筋という筋肉です。

治療法

囲炎と同様に重い物を持ったり、無理に使い続けたりせずに安静にすることが基本です。
早期に治療を開始しすれば保存療法で治療しますが、受傷から時間が経過したものなどは手術の適応となることがあるので早めに医療機関を受診しましょう。

肩こり

原因

長時間の同じ姿勢が続く、たとえばパソコンでの作業、長時間の運転、家事、手先を使った仕事など数えればきりがない程あります。

治療法

仕事などの合間にこまめな運動やストレッチをすることが一番の予防となります。

TOPへ戻る

肘の症状について

スポーツ等で肘が痛くなった、物を持つと肘が痛い等の症状のある方

上腕骨外側上顆炎、テニス肘(バックハンド)、ゴルフ肘

原因

スポーツや日常生活において手首を甲側に曲げる(背屈)動作や親指側に曲げる動作を繰り返すことで痛みが生じます。
例えば、テニスのバックハンドストロークで手関節の伸筋やその付着部位に負担がかかり、その結果筋の変性や骨膜の炎症が発生します。

治療法

しばらくは練習を控えて患部を冷やし安静状態にして下さい。原因となっている筋肉のストレッチも効果的です。

上腕骨内上顆炎、野球肘、テニス肘(フォアハンド)

原因

小指側に曲げる動作を繰り返していると筋肉の付着部である肘の内側にストレスを受けて痛みと炎症が現れるものを内側上顆炎といいます。
投球動作や剪定鋏を繰り返し使用するなどして発生します。

治療法

しばらくは練習を控えて患部を冷やし安静状態にして下さい。原因となっている筋肉のストレッチも効果的です。

TOPへ戻る

手の症状について

物を持ったり握ったりすると痛い、指をぶつけて腫れた等の症状のある方

腱鞘炎

原因

腱と腱の通り道である腱鞘との摩擦により炎症を起こすものを「腱鞘炎」と言います。
病的なものが原因となることもあるので的確な診断が必要です。

治療法

基本的に安静を保つのが一番です。出来る範囲で構わないので手を休ませて下さい。
同時に物理療法で消炎鎮痛を行います。

つき指

原因

バレーボールやバスケットボール等のスポーツで指にボールが当たったり、引っかけたときに指の関節を支える腱やじん帯が引っ張られ損傷したものです。腱に引っ張られて骨が剥離骨折を起こすこともあります。

治療法

熱感、腫れ、内出血などがありましたらなるべく患部を高くして良く冷やします。その後、患部が動揺しないように固定します。

TOPへ戻る

腰の症状について

ぎっくり腰、背中や腰が重く痛い、お尻から足にかけて痛みやシビレ等の症状のある方

ぎっくり腰

原因

座りっぱなしや立ちっぱなしなどの同じ姿勢が長時間続いた時や疲労が蓄積しているなどの基盤となる要因がある時に発生しやすい外傷です。

治療法

患部をアイシングし、安静を保つことが大事です。腰の治療については勘違いされている方が非常に多く「腰が痛い時は温める」という間違った考え方が浸透しています。温めるのは、慢性的な痛みや炎症が落ち着いたあとに行う治療です。受傷後すぐに温めてしまうと炎症がひどくなり、治癒までに時間が余計にかかってしまいます。気をつけましょう!

腰椎分離症、腰椎分離すべり症

原因

スポーツなど激しい運動によって腰に負担がかかると腰椎(腰の骨)が疲労骨折を起こし、椎体と椎弓の片方が分離します。これを腰椎分離症といいます。10歳以降の男子に非常に多く、痛みを我慢してスポーツを続けてしまうと椎弓の左右で分離症が発生して脊椎が不安定な状態になります。これが腰椎分離すべり症です。

治療法

発生後すぐであれば、安静とコルセットでの固定で骨癒合が期待できますが、時間が経ち偽関節という状態になってしまうと骨の癒合はきたいできません。
神経に影響を与え症状が出るので日頃からストレッチや背伸びなどをして背中や腰回りの柔軟性を高めておくことが大事です。特に太ももの後ろ側の筋肉をストレッチすることで痛みの軽減につながり、予防もできます。

坐骨神経痛

原因

慢性的な腰の痛み、腰椎椎間板ヘルニア、すべり症、脊柱管狭窄症などさまざまな疾患でみられる神経症状です。
原因がひとつでは無いため、状態によっては整形外科の受診が必要になることがあります。

TOPへ戻る

外傷の症状について

骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷等のケガをした、治りが悪い方

ケガの治療は最初が肝心

腕をガツンとぶつけた、足をグリッと捻ったなど身体を痛めた時、少し様子を見ようと思ったことはありませんか?「ちょっとしたら治るだろう」と放っておくと、だんだん腫れがひどくなり、炎症が引かず、痛みもなかなか治らないという結果になりかねません。
怪我をしたら早期に検査し治療を受けましょう。

骨折

原因

転倒や転落、スポーツや交通事故などの大きな外力が一度に加わることで発生するものと、小さな外力が骨の同一部位に繰り返し加わることで起こるものがあります。

治療法

転移が見られる場合は骨の位置を整える「整復」という操作を行い、折れた部分を安定させるため、ギプスなどで固定をします。

捻挫

原因

捻挫とは靱帯の損傷のことです。靱帯は関節を安定させるもので、正常な範囲を超えて関節が動いた際に傷つき、運動の際に負担がかかるため痛みを感じます。

治療法

患部をしようすることで靱帯の傷口が安定せず、負担もかかるので治りが悪くなってしまいます。そのため、程度にもよりますが、松葉杖で免荷し包帯などで固定して安静を保ちます。

打撲

原因

からだをぶつける、ものが当たるなどで筋肉の組織を痛め、炎症や内出血などを起こす物を打撲と呼びます。

治療法

基本はRICE処置となります。動かすと痛い場合は早めの処置が重要です。
重症のものでは、深部で内出血を起こして神経を圧迫しマヒが残ってしまうこともあるので注意が必要です。

脱臼

原因

関節を支えているじん帯や筋肉より強い力がかかると組織が耐え切れず、伸びたり切れたりしてしまい関節が外れるものを脱臼といいます。

治療法

脱臼と言うと関節が外れたものと軽く考える方も多いでしょうが、関節が外れたことで周囲の軟部組織が損傷します。脱臼の治療は骨と骨の位置異常の治療よりも損傷した軟部組織の治療に重きが置かれます。

挫傷(肉離れ、腱損傷)

原因

挫傷(肉離れ)とは筋の強度より大きな力が加わり、筋肉の組織が裂けたり傷ついた状態をいいます。スポーツでの急なターンやストップで起こります。

治療法

RICE処置を基本に行います。最初の内出血や炎症をできる限り抑えることが重要です。

TOPへ戻る

ひろまつ整骨院アメーバブログ 人気のひろまつ整骨院Twitter
人気のひろまつ整骨院Twitter