スポーツ障害

筋肉痛

原因

筋肉痛は、慣れない運動などで筋肉を過剰に使用した際に起こる筋肉の炎症です。

治療法

軽いものから重篤な症状につながるものなので放置すれば回復が遅れ、日常生活に支障もきたします。まずはアイシングで炎症の悪化を抑え、頚椎カラーなどで安静を保てるようにします。
受傷直後の対応で治癒までの期間に大きな差が出ます。

TOPへ戻る

肉離れ

原因

筋肉痛は、慣れない運動などで筋肉を過剰に使用した際に起こる筋肉の炎症です。

治療法

肉離れとは筋肉の強度より大きな力が加わり組織が裂けたり傷ついた状態をいいます。スポーツでの急なターンやストップで多く発生します。肉離れが起こる太腿の筋肉であるハムストリングやふくらはぎの腓腹筋は、身体の全重量を支えるため強い筋力を持っています。

TOPへ戻る

捻挫

原因

捻挫とは靭帯の損傷のことです。靭帯は関節を安定させる働きをするもので、正常な範囲を超えて関節が動かされた際に傷つき、使用することで負担がかかるため痛みを感じます。

治療法

患部を動かすと靭帯の傷口が開いてしまい、負担もかかるので治りが悪くなってしまいます。そのため、松葉杖で免荷し包帯などで固定して安静を保ちます。

TOPへ戻る

打撲

原因

打撲は別名を「打ち身」と言うように、身体を何かに強く打ちつけることで発生します。

治療法

打撲への応急処置としては、スポーツ障害への処置の基本である「RICE」が有効です。
比較的、軽傷のものが多いですが、重傷のものでは、深部で内出血が起き神経を圧迫して、マヒが残ってしまうこともあるので注意が必要です。

TOPへ戻る

突き指

原因

突き指は素手でボールを扱うことが多い球技で多く起こります。
指を伸ばした状態で飛んできたボールを受け止め損ねて受傷します。

治療法

突き指は、甘く見られがちな怪我であるといえますが、場合によっては骨折や脱臼を起こしていることがあります。
初期はRICE処置を行い固定します。固定法が状態によって違うため、判断を誤ると変形が残ることがあります。油断せず必ず医療機関を受診しましょう。

TOPへ戻る

脱臼

原因

関節を支えている靭帯や筋肉より強い力がかかると組織が耐え切れず、伸びたり切れたりしてしまい関節が外れものを脱臼といいます。

治療法

脱臼というと関節が外れたものと軽く考える方が多いでしょうが、関節が外れたことで周囲の軟部組織が損傷します。
脱臼の治療は 骨と骨の位置異常の治療よりも損傷した軟部組織の治療に重きが置かれます。

TOPへ戻る

椎間板ヘルニア

原因

重量物の挙上やスポーツなどで腰に繰り返し負担をかけることで発生します。椎間板の髄角が後方に飛び出し神経を圧迫すると下肢(脚)に痛みやシビレ、感覚異常、排尿障害などの症状が現れます。

治療法

大半は3ヶ月以内に保存療法で軽快します。痛みが激しい場合は安静を必要としますが、ストレッチや筋力トレーニングで腰への負担を軽減させます。
また、症状が許すのであれば仕事や家事は早めに開始しましょう。過剰な安静は筋力の低下を招き、結果的に症状を悪化させます。
保存療法で症状が軽快しない場合は手術の適応となります。

TOPへ戻る

野球肘

原因

野球肘は、投球動作の繰り返しによって発育期の野球選手の肘関節に起こる種々の障害の総称です。筋肉の付着部や靱帯、骨端線(成長期に見られる骨の端にある軟骨の層)部に異常が生じます。
発育期の選手に多いため、Little Leager`s elbow(リトル・リーガーズ・エルボー)とも呼ばれますが、成人でもゴルフ、テニスのフォアハンドあるいはスーツケースの運搬で炎症が起きることがあり、ゴルフ肘、フォアハンドテニス肘、スーツケース肘と呼ばれることもあります。

治療法

過度の使用によるものなので、2~3週間は安静のために投球練習を休止し加療します。痛みの強い動作は避けて次第次第に正常に戻すことが重要です。

TOPへ戻る

テニス肘

過度のスイング動作で発生する、使いすぎ障害のことを言います。

原因

バックハンドストロークでボールを正確に捉えられず手首の力で対抗すると、手関節の伸筋やその付着部位に負担がかかり、その結果筋の変性や骨膜の炎症などが発生することがおこります。

治療法

患部の安静がなによりも大切です。また、患部の冷却・サポーターの使用により患部の炎症を抑えることも大切です。

TOPへ戻る

シンスプリント

シンスプリント(脛骨疲労性骨膜炎)は、骨を覆っている骨膜が炎症を起こすことによる痛みのことを言います。

原因

悪いランニングフォームなどにより、下腿の筋肉が過度に緊張することで脛骨の骨膜との摩擦が強くなり、炎症を起こします。

治療法

足を長期間休めることが第一です。
加えて、超音波や高周波電流を用いて筋肉の緊張を解き、脛骨との摩擦を取り除きます。
また、細かい筋肉のトレーニングでバランスを整え負担がかかり難い体づくりをします。

TOPへ戻る

疲労骨折

一度では骨折に至らない程度の力が、骨の同一部位に繰り返し加わることにより発生する骨折のことをいいます

原因

全身の骨で起こる可能性があり、多くはランニングやジャンプなどの動作を繰り返し行うことで発生します。
着地時の体重の負荷や筋肉の張力が主な原因となります。

治療法

疲労骨折の場合は、薬物治療や手術をすることはほとんどありません。
患部に負担をかけないように安静を保ち、超音波で骨癒合を促進します。

TOPへ戻る

ジャンパー膝

ジャンプ動作やランニングの多用により発生する、使いすぎ障害のことを言います。

原因

ジャンパー膝はその名の通りジャンプ動作の多用を原因として発症するため、バスケットボールやバレーボールなどでよく見られます。

治療法

ジャンパー膝は放置しておくと腱の断裂を招いたり骨が前に凸出したりする為、出来るだけ早いうちに対処しておくのが大切です。
ジャンプ動作、ランニングを中止し、太ももの筋肉を緩めて患部への負荷を軽減させます。同時に高周波電流などで疼痛の除去を行います。

TOPへ戻る

ひろまつ整骨院アメーバブログ 人気のひろまつ整骨院Twitter
人気のひろまつ整骨院Twitter